コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイント 名古屋でSEO対策ならCatworkSEO

090-6073-9250

WEB無料相談24時間受付

SEO対策コラム

SEO対策に関するコラムです。

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイント

2020.06.19

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとはSEO対策のために、コンテンツ量、有用なページ数を増やして、アクセスの獲得及び、検索順位を上げるという考え方です。

SEO対策の歴史の中で、Googleと悪徳SEO業者は幾度となくイタチごっこを続けてきました。せこい手を使っては対策され、 せこい手を使っては対策され…

そうした歴史の中で確立されたホワイトな手法が「コンテンツSEO」です。

Googleの基本思想は「ユーザーが探している内容に最も適したサイトを表示させる」ということです。つまり、 ユーザーが探している内容に最も適したサイトが評価され、順位が上がるということですね。

では、 ユーザーが探している内容に最も適したサイト とはどんなサイトでしょうか?それが、コンテンツSEOで気を付けるべきポイントを見つけるカギになります。

検索キーワードを意識したコンテンツ作り

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイントの1つ目は、「検索キーワードを意識したコンテンツ作り」です。

まず、ページを作るときは検索順位の取得を狙ったキーワードや、メインキーワードに近い、フォーカスしたキーワードを定めます。これは単語でも良いですし、ロングテールキーワードでも大丈夫です。

出来るだけ、サイトのメインキーワードに則した内容を書くと良いと思います。

例えばこの記事は「コンテンツSEO」というキーワードにフォーカスしたページになっています。見出しや、文章の各所で「コンテンツSEO」というキーワードを不自然でない程度に多用し、 「コンテンツSEO」というキーワードにフォーカスした 文章を書いています。

見出しだけ、「 コンテンツSEO 」になっていても、中身が全く違うことが書いてあったら、ユーザーが混乱してしまいますよね?見出しも中身も重要です。

文章量は多めに

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイントの2つ目は、「文章量」です。

コンテンツの薄いページはGoogleに評価されないどころか、サイト全体のSEO対策の足を引っ張る可能性もあります。必ず1ページ1000文字以上、出来れば2000文字程度を意識して、ブログというよりコラムのような文章を書いていくことを心がけていきましょう。

文章量は「文字数チェッカー」などで検索すると計測ツールが出てきますので、そちらを使用して計測してみてください。

コピーコンテンツはNG

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイントの3つ目は、「コピーコンテンツ」です。 コピーコンテンツとは、他のサイトと内容が被ってしまっている文章を掲載しているということです。コピー&ペーストしてきた、全く同じ文章はかなりの精度でGoogleに見抜かれてしまいます。弊社では、少しリライトすればOKとの認識ではおりますが、その少しがどこまでOKで、どこまでNGかの線引きはGoogleのみぞ知るところなので、一からご自身でライティングされ、その上での、似た記事が無いか、確認されるのが1番安全かもしれません。

コピーコンテンツの確認は、ツールもあると思いますが、1文1文、Google検索を掛けて、全く同じ文章が無いか確認したらよいかと思います。

正しいhtmlの文章構造を

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイントの4つ目は、「正しいhtmlの文章構造を意識したページ作り」です。

ワードプレスでブログを書く場合、タグが自動で挿入されますが、デフォルトの機能で自動挿入されるタグはかなり微妙です。

例えば太字にしようとするとstrongタグが自動挿入されますが、このタグは本来は「SEO的な強調」を意味するタグです。太字にしたいという目的のために、strongタグを多用するのは、SEO的にかなりの損をしているかもしれません。

横線を表す、hrタグも、現在のhtml5のルールでは禁止タグです。
こちらもデフォルトでは自動挿入されてしまいます。

色を変えるとstyle属性というものが挿入されます。
こちらも現在のルールでは、非推奨になっています。

最も重要なのは「見出し」を示す、h2~h6タグと段落を示すpタグの使い方です。htmlは「見出し」「文章」の構成が基本です。

「見出し」は、h2から順番に、見出しの大きさを意識して、付けていく必要があり、h2を使用していないのに、h3を使用する、h2の後にh4を使用するなどはしません。

他にもワードプレスには、サイトの作り方で損をしうる落とし穴が目白押しです。業者選びは慎重に行うべきです。

弊社では、本来的な意味で、htmlの知識がない人間がSEO対策を行うのは難しいと思っています。SEO対策が~という人が居たら、まずは、htmlは触れますか?と聞いてみましょう。業者選びの一助になると思います。

検索順位をチェックし追いかける

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイントの5つ目は、「検索順位をチェックし追いかける」です。

文章を書いたら、必ず検索順位チェックツールに登録して検索順位を追いましょう。結果はもちろんですが、検索順位を気にする癖をつけることがとても大切です。

ご自身で検索に引っかかりやすい記事の書き方を研究するのも面白いかもしれません。

検索順位をチェックして、いろいろ試行錯誤をする。これがSEO対策の基本です。近道はありませんが、やり方次第で遠回りになってしまうことは多々あります。損をしない最短距離での検索順位アップを目指しましょう。

コンテンツSEOで気を付けるべき5つのポイントのまとめ

今回は、「コンテンツSEOで気を付けるべきポイント」について書かせていただきました。もちろんこれは一般の方にわかりやすい5個を厳選しただけであり、コンテンツSEOの世界はもっと深いです。

良いコンテンツを制作することはもちろん大切ですが、サイト自体の作りもとても大事になってきます。そのあたりのフォローは是非、CatworkSEOにお任せいただければと思います。

CatworkSEOではコンテンツSEOに最適化したホームページ制作を行っております。しなくても良い遠回り、損をしないよう、サポートさせていただきます。

SEO対策に関する名古屋Catworkへのお問合わせ

まずは無料のWEB戦略相談で御社の状況をヒアリングし、
最適なWEB戦略をご提案致します。
お気軽にお問合わせ下さい。